わたくし灰diffでstreakを繋ぐAtCoderお嬢様ですわ〜

ごきげんよう。先日ツイッターで素敵なお姉様方(先駆者様)をお見かけしましたの。

せっかくなのでお嬢様言葉を使って灰diffでstreakを繋いでみましたわ。

A - 来月は何月?

#define こちらの int
#define 様は (
#define をお受け取りになりますわ ;
#define 何もお受け取りにならず )
#define 次のことをなさいます {
#define もし if(
#define でしたら )
#define お返しするのは return
#define ですわ ;
#define 標準出力に std::cout <<
#define を表示するの << std::endl
#define 以上ですの }
#define というのは = 
#define 標準入力から std::cin >>
#define について述べますわ ;

#include <iostream> // これはなんですの?セバスチャンに尋ねてみても、「おまじないでございます」としか答えてくださいませんわ

こちらの main 様は 何もお受け取りにならず 次のことをなさいます
    こちらの n について述べますわ
    標準入力から n をお受け取りになりますわ
    こちらの 次の月 というのは n + 1 ですわ
    もし 次の月 > 12 でしたら 次のことをなさいます
        次の月 というのは 次の月 - 12 ですわ
    以上ですの
    標準出力に 次の月 を表示するの ですわ
    お返しするのは 0 ですわ
以上ですの

株式会社estieでは

  • React または Vue.js を用いたフロントエンド開発経験のあるお嬢様
  • Rust または Ruby を用いたバックエンド開発経験のあるお嬢様
  • パブリッククラウドサービス (AWS, Azure, GCP) での構築・運用経験があるお嬢様

などなど、エンジニアに限らず広く募集しておりますわ(性別は問いません)。お気軽にご応募なさってくださいまし。

www.estie.jp

以上ですの

© 2019- estie Inc.