総合デベロッパー内定者が語るestieでインターンする魅力

はじめまして、estieで学生インターンをしている岸です。私は2020年の7月にestieでインターンを始め、約半年間働かせていただきました。3月でestieを卒業するにあたって、なぜestieで働こうと思ったのか、働いて感じた事、学んだ事を書いていこうと思います。

f:id:estie:20210303153759p:plain

【プロフィール】
岸 達也(Kishi Tatsuya)
1997年生まれ
埼玉県出身
東京工業大学 工学部経営工学 専攻
学生時代はアメリカンフットボール部に所属
卒業後は総合不動産デベロッパーに入社予定

estieでインターンを始めたきっかけ

estieを知ったきっかけは内定者ラインでした。

当時就活を終えてひと段落し、時間に余裕があったものの、新型コロナウイルスの影響もあり、予定していた留学もできない状況でした。そんな中、私が4月から就職する予定の日系デベロッパーの内定者ラインで「知り合いの会社でインターン生募集しています」というメッセージが目に飛び込んできました。この一つのラインのメッセージがestieとの初めての出会いでした。

私は今大学5回生なのですが、4回生の冬に引退するまでは体育会の部活動ばかりに力を注いでおり、引退後、就職活動を行い、自分に対する理解度を深める中で、「学生のうちにできることをしっかり学んでおきたい」という想いが芽生えるようになっていました。そのため、estieに出会った時、スタートアップのベンチャー企業で働かせていただくのは自分にもってこいの機会だと思い、即決でインターンを始めました。

estieでの活動

私がインターンを始めた頃のestieは、私以外にインターン生はいませんでした。そこからすぐにインターン生が増え、自分のできることも少しずつ増えていきました。

ちなみに今は学生インターンが4人おり、やることも非常に明確化されています。
僕はdata-qualityチームというチームの一員として、色々なことを教えていただきながら、自分のやりたいことをやらせていただいています。

estieでは様々な業務を経験をさせていただきましたが、中でも印象深かった2つの仕事について書こうと思います。

1. 館銘板撮影

estieではオフィスビルの最新テナント情報を取得するために、オフィスの1階に設置されている館銘板(かんめいばん)情報を収集しています。
館銘板撮影業務においては、エリアや物件スペック等からターゲットとなるオフィスビルを予め設定し、館銘板を撮影するという作業をできるだけ効率的に行うことが求められます。私は4月からデベロッパーに入社するにも関わらず、ビルや街についてあまり詳しくなかったため、エリアの特性やビルスペックを知ることができて大変勉強になりました。

2. SQLでクエリを作成

もう一つは、秋頃から少しずつSQLに挑戦したことです。
当時の僕は、SQLって何?という状態だったのですが、データチームの社員さんに教えてもらいながら、少しずつ自分の欲しいデータを抽出できるようになりました。
2月になるとdata-qualityチームが発足し、チームリーダーの石野さんとコミュニケーションを取り、多くの助けを頂いて、SQLを使ってダッシュボードを作成するようになりました。僕が任されたのは、今後の自分たちの作業のために、様々な切り口からデータを可視化することでしたが、目標を定め、それに向かって試行錯誤する0→1の仕事は、非常に楽しく貴重な経験でした。

僕から見たestieの良さ

他の会社でインターンをしたことがないので比較はできないものの、estieは本当に魅力的な会社だと思います。
良い点はいくつもありますが、特に感じた3点について書こうと思います。

1. 社員さんが優秀かつ優しい

社員の方は、営業の方からエンジニアの方まで全員が本当に優秀で、その上親切だったので、多くのことを学ぶことができました。
また、インターンをするまでは自分が社会人になるイメージがつかなかったのですが、こんな社会人になれるように頑張ろうという一つの指針にもなりました。

2. 雰囲気が明るい

社員さん一人一人が面白く、オフィスの雰囲気が明るいことも個人的にとても魅力的でした。
仕事はばっちりしながらも楽しくやるという、メリハリのある雰囲気で、楽しく働くことのできる会社でした。社員の方が皆さん仕事を楽しそうにしているのはかなり印象的でした。

3. 柔軟

estieは、良い意味でスタートアップ企業らしさに溢れています。
意見を出し合う雰囲気があるのはもちろんですが、やってみようとなってから実際にやるまでのスピード感に特に驚きました。インターン生がミーティングに参加する機会もありますが、しっかり思考したことであればインターン生の意見も汲み取ってくれることも魅力的でした。

インターンを通じて得たもの

この半年間、estieの会社としての成長をひしひしと感じました。僕がインターンをしている半年間で2回もオフィスを引っ越し(人が増えたことによる)をしていることからも、急成長中の会社で働くという貴重な経験をすることができました。
僕が大学で所属した部活のチームでは、最上位概念(mission)に、「個人の人間的成長(勝つために、様々な逆境に立ち向かうことで成長するという考え方)」を掲げていました。
そんなこともあって僕は安定だけを求めて、日系大手企業で勤め上げることにどこか違和感を持っていましたが、各々が主体性を持ってスピード感を持った仕事をするestieで働いたことで今後大手企業で働く上での一つの指針を持つことができ、自分の人生の幅を広げられるような経験になったと思います。
SQLをはじめ多くのことを学ばせていただきましたが、自分の価値観に影響を与えてくれた、estie及び優秀な社員の方との出会いが、自分にとって何よりも大きな財産だったと思います。

終わりに

半年間という短い期間でしたが、estieでインターンをしたことは非常に良い経験になりました。仕事のみならず、人として尊敬できる社員ばかりで、そのような方と一緒に仕事ができたのは貴重な経験だと思います。この半年間で学んだことを4月からの社会人生活に活かしていきたいと思います。

現在estieではWantedlyでビジネス、エンジニアの社員・インターンを募集しています!少しでも興味を待たれた方がいらっしゃれば、気軽にお話できればと思います。是非TwitterやWantedlyよりお声がけください。

www.wantedly.com

www.wantedly.com